将来の役に立つ英語|塾で学ぶことによってスキルアップ

費用の心配がある場合

男子生徒

奨学金の活用

大学に通うためには、たくさんの費用が必要ですが、国公立なのか、私立大学なのか、通う学部によっても学費が異なります。また、自宅から通うのか、下宿するかによっても、大学に通うための費用の総額は異なってきます。学費の準備、支払いに悩むことがあれば、奨学金制度の利用を考えてみましょう。奨学金制度はいくつかあり、日本学生支援機構、地方公共団体、民間団体の他、大学独自の奨学金制度もあります。日本学生支援機構は、利用者の多い一般的な奨学金制度として知られています。学費を借用するのに、無利子と利息付き、2種類があります。ただ、利息といっても低金利なので人気があります。無利子の場合、成績が良い、経済的に就学が困難である、ということが条件となります。国公立、私立、自宅通学、自宅通学外によって借りられる金額が異なります。利子付きの場合でも、成績が平均以上という条件があります。地方公共団体の奨学金は、無利子の場合が多いです。また、民間や大学独自の奨学金の場合、成績が影響することが多く、募集枠が少ないことが多い、ということを知っておきましょう。ただ、大学独自の奨学金の場合、学費が全額、または半額など、大幅に軽減されることがあるので、あきらめずに挑戦してみることもおすすめです。その他、看護系の大学の場合、病院の奨学金制度が利用できることがあります。卒業したら、一定の期間その病院で働くことが条件となります。このように、大学の学費に悩んでも、奨学金制度を利用して解決できることがあるので、チェックしてみましょう。